更年期障害改善 ルビーナ 命の母

更年期障害改善にルビーナや命の母を予防薬として使ってはダメ!

40代半ば過ぎる頃にあらわれる不快な症状

 

  • なんだかイライラする
  • 顔が火照って仕方がない
  • 疲れがとれない
  • 朝起きられない

 

これらの症状が続くと誰しも、「これって更年期?」と更年期障害を疑いたくなります。

 

でも、なんとなく不快で生活ができないほどではないので

 

「まだ病院に行かなくてもいいだろう」

 

と判断し、薬局で手軽に購入できるタケダの漢方製剤「ルビーナ」や小林製薬の「命の母」を買ってみた。飲み始めてみたという方結構多いんですね。

 

 

しかし、このような勝手な判断での服用は危険です。

 

たとえば、更年期障害の症状とも言われる

 

  • 疲れがとれない
  • 眠れない
  • 翌朝お酒が残る
  • 肌の調子が悪い
  • 肩こりがひどい
  • 頭痛がひどい

 

これらの症状は、原因が更年期障害以外によるものかもしれません。更年期は、女性ホルモンの減少に伴いこれら症状があらわれます。

 

ルビーナや命の母は、更年期障害の症状を改善するお薬です。女性ホルモンの減少が原因しているのであれば、効果がありますが、それ以外の症状が関係している場合は、効果はありません。

 

タケダの漢方製剤「ルビーナ」も小林製薬の「命の母」も医薬品ですので、勝手な判断での服用は、体に思わぬ負担を強いることになります。

 

更年期障害の初期症状改善なら、医薬品よりも更年期障害の症状に働きかける副作用の心配の少ないサプリメントの方が良いでしょう。

 

おすすめはプラセンタサプリメントです、若返りのサプリメントで、体にダメージのある細胞に働きかけるので、更年期障害以外の体の衰えにつながる諸症状に効果があります。

 

医師にかかるほどではないが更年期が疑われるといった場合は、ルビーナや命の母のような医薬品ではなく、まずプラセンタサプリメントを試してみるといいでしょう。

 

1ヶ月以上たっても、更年期障害の症状が改善しないという場合は、
他の病気が隠れている可能性もありますので、その時は医療機関にかかることをおすすめします。

この記事に興味のある方にこちらの記事も人気です

 

更年期障害を乗り切る方法

40代を過ぎ、急に疲れやすくなったり、イライラしたり、気分が落ち込んだりとこのような更年期障害を乗り切るためにはどうすればいいのでしょうか?更年期障害障害を乗り切るためのいくつかの方法を管理人の体験談とともに紹介します。(・・・続きを読む)

 

50代管理人更年期真っ只中!

管理人が母の滴プラセンタEXをなぜ良いと判断し、購入するに至ったのか、どのような点が他のサプリメントに比べてどのように優れているのかについてこちらの記事で紹介しています。

更年期障害改善にルビーナや命の母を予防薬として使ってはダメ!